webでの集客を
「⼆⼈三脚」で運⽤する
webマーケティング会社

【地方×インフルエンサー】地方でもインフルエンサー施策を最大限に高める方法

  • 2022.08.19
  • 2022.08.22
  • インフルエンサー

インフルエンサーの活用と聞くと「東京しか意味ないでしょ」「地方だからできない」そんなことを思っていませんか?インフルエンサーの選定と活用方法を意識すれば地方でも大きな反響や結果に繋がります。

今回は地方の福島県でインフルエンサーマーケティングを行っているwithのwebマーケターが、具体的な選定方法や活用方法をご紹介します。

この記事のテーマ

地方でもインフルエンサー施策を最大限高める方法

目次

  1. インフルエンサーとは
  2. インフルエンサーの階層
  3. 地方出身のインフルエンサーを起用する
  4. 地域にゆかりのあるインフルエンサーを起用する
  5. キャスティング会社に依頼する
  6. まとめ

地方で効果を発揮するインフルエンサーの選定基準

インフルエンサーと聞くと、YouTubeの登録者が100万人超えのYouTuberやキラキラしたインスタグラマーを想像してしまいませんか?一度インフルエンサーの定義を見直してみましょう。

インフルエンサーとは

SNSなどで情報を発信し世間や購買行動に大きな影響を与える人のことを意味します。具体的には「YouTuber」「インスタグラマー」「Tiktoker」などがあたります。

インフルエンサー

インフルエンサーの階層

● フォロワー1000〜1万人:ナノインフルエンサー
● フォロワー1万〜10万人:マイクロインフルエンサー
● フォロワー10万〜100万人:トップインフルエンサー

インフルエンサーの階層

地方でインフルエンサーマーケティングを成功させるには「ナノインフルエンサー」「マイクロインフルエンサー」を起用・活用することが重要となります。では、どのように「ナノインフルエンサー」「マイクロインフルエンサー」を選定すれば、広告効果は高まるのでしょうか?

以下で解説していきます。

01 地方出身のインフルエンサーを起用する

同地域出身のインフルエンサーを起用しPRを行う方法です。例えば自治体様のPR動画や、PR大使として起用する際に、PRを行う自治体の出身だとPRに広告っぽさがなくなり効果が出やすいです。また同地域出身のインフルエンサーを起用すると、思い出の地を紹介するなどインフルエンサーに絡めた施策を展開することも可能です。

02 地域にゆかりのあるインフルエンサーを起用する

地域の出身インフルエンサーだけでなく、地域にゆかりのあるインフルエンサーを起用することで話題性があがります。例えば地域で結成したグループ、地域の学校に通っていた、などが考えられます。

03 キャスティング会社に依頼する

インフルエンサーに依頼するにあたってインフルエンサーの選び方はとても重要です。しかしインフルエンサーを探すのは意外と難しいです。「ナノインフルエンサー」「マイクロインフルエンサー」だけでも多くのインフルエンサーがいます。ご自分で依頼するのも手ですが、インフルエンサーをキャスティングしている会社に依頼する方法もあります。

インフルエンサーキャスティング会社ではインフルエンサーの選定の他に、インフルエンサーを絡めた企画からサポートしてもらえる会社もあるため、最大限効果を高めるには最適です。

まとめ

今回は地方でもインフルエンサー施策を最大限高める方法について詳しくご紹介しました。地方の施策ではインフルエンサーの選定が重要となります。withではインフルエンサーのキャスティングから企画の立案を行っております。「毎年のイベントに飽きている」「このキャンペーンを地方に告知したい」とお考えの方、withにご相談ください。

関連記事

ページトップ